• >TOP
  • >葉酸サプリの基礎知識
  • >葉酸サプリの副作用・デメリット

葉酸サプリの基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

●葉酸サプリの副作用・デメリット

■葉酸サプリには副作用があるの?

妊娠中の女性が葉酸サプリを使用する際、気になるのが副作用だと思います。
万が一、副作用が現れた場合、お腹の赤ちゃんのことが心配ですよね・・・。
では、葉酸サプリに副作用はあるのでしょうか?

結論からいうと用量用法を守っている限り、副作用が現れることはないでしょう。
そもそもサプリは薬ではなく、ただの健康補助食品です。
入っているのは食事からでも摂れる栄養成分なので、副作用が現れる可能性は極めて低いと思ってください。
そのため、妊娠中の女性でも安心して飲むことができます。

ただ、注意したいのが葉酸サプリの飲み過ぎです。
葉酸を過剰摂取すると体に害を与えたり、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼす危険があります。
たくさん飲んだからといって効果は変わらないので、葉酸サプリを必要以上に飲むのはやめてください。

ちなみに食事から葉酸を摂る場合は過剰摂取のリスクがほとんどありません。
なぜならたくさん摂っても尿と一緒に排出されるからです。
また、吸収率も悪いため、食事だけで1日の必要量を超えることはないでしょう。

しかし、サプリメントとなると話は別です。
サプリメントの場合、食事からよりも吸収率がいいですし、1粒に豊富な葉酸が含まれています。
用量を守らないと過剰摂取になってしまうので、商品に記載してある目安量を守ってください。

葉酸の過剰摂取によって現れる副作用は吐き気、むくみ、かゆみ、不眠、食欲不振、蕁麻疹、紅斑などです。
稀に呼吸障害を起こすこともあります。

妊娠初期は葉酸をたくさん摂った方がいいといわれていますが、
過剰に摂取すると胎児に影響を与え、小児喘息のリスクを高めてしまいます。
赤ちゃんの成長に欠かせない栄養ですが、摂り過ぎは逆効果になるので、
1日400μgの葉酸の摂取を守りましょう。
そうなると食事とサプリの両方から摂って大丈夫なのか心配になると思います。

先ほどもお話したように食事から葉酸を摂ろうと思っても吸収率が悪いため、
食事とサプリの両方から摂っても過剰摂取にはなりにくいです。
サプリさえ飲み過ぎなければ心配ありません。

サプリの目安量は商品によって異なります。
1日2粒のものもあれば、3粒のものもありますし、バラバラです。
適当に飲まずにきちんと用量用法をチェックしましょう。

そして、葉酸サプリに限らず、どのサプリにもいえることですが、アレルギー症状を起こす可能性があります。
体に異常を感じた場合はすぐに使用をやめて様子を見てください。


■副作用のリスクが高い葉酸サプリとは?

葉酸サプリは安全性が高く、副作用を起こす可能性は低いですが、ゼロではありません。
体質に合わなかったり、品質の悪い商品を飲んでしまうと体に異常をきたすことがあります。
そこで副作用のリスクが高い葉酸サプリを購入しないためにも以下の3つのポイントを押さえてください。

1.過剰摂取の危険性について記載されているかどうか
一日の目安量が記載されている商品は多いですが、どんな危険があるのかを書いているものは少ないです。
信頼できる葉酸サプリを飲むためにも過剰摂取の危険性が記載されているものを選びましょう。
特に注意したいのが外国の葉酸サプリです。
外国の葉酸サプリの場合、一日の必要摂取量を超える商品が目立ちます。
過剰摂取は副作用のリスクを高めますし、胎児にも影響を与えるので、国産の葉酸サプリを選んでください。

2合成葉酸なのか?天然葉酸なのか?
葉酸サプリには天然葉酸を使ったものと合成葉酸を使ったものの2種類があります。
合成葉酸とは化学的に作られた葉酸のことで、製造コストが安いこともあり、よく使用されています。
しかし、合成葉酸は肝臓に蓄積されやすく、過剰摂取になりやすいです。
さらに妊婦さんが飲むと赤ちゃんの喘息のリスクが高まるといわれています。
お値段は少々高くなりますが、自身の体のことやお腹の赤ちゃんのことを考えた場合、
合成よりも天然の葉酸を使用したサプリがおすすめです。

3.添加物が含まれているのか?
葉酸サプリを選ぶ場合、添加物が含まれているのどうかもチェックしてください。
添加物が多ければ多い方が副作用のリスクが高くなりますし、胎児の成長や健康にも悪影響を及ぼします。
中でも気をつけたいのがショ糖脂肪酸エステルです。
ショ糖脂肪酸エステルは染色体異常を引き起こし、奇形発生率を高めてしまいます。
安価なサプリほど添加物が大量に使用されているので、安さで選ぶのはやめてください。
最も重視しないといけないのは安全性です。

このような点に注意して選べば、副作用のリスクが高い葉酸サプリを飲まずに済みます。
大手メーカーから安心というイメージがありますが、実はそうでもありません。
大手から販売されている商品の中にも合成葉酸を使用しているものや
添加物がたくさん配合されているものがあります。
知名度だけで選ぶのは危険なので、しっかりとどんな商品なのか確認してから購入しましょう。
それが高品質の葉酸サプリを使用するために必要なことです。


■葉酸サプリのデメリット

葉酸サプリにもいくつかデメリットがあります。
これから紹介するデメリットを理解した上で購入してください。

【お金がかかる】
葉酸サプリの相場は1ヶ月分1袋で1,000円から6,000円です。
品質にとことんこだわるならこれ以上します。
数百円で買えるものもありますが、品質に問題のあるものが多くおすすめできません。
やはり、品質にこだわって選ぶとなるとそれなりの出費を覚悟しないといけませんが、
あまりにも高い商品を選んでしまうと家計を圧迫して、続けるのが難しくなるので注意してください。

【添加物の危険がある】
葉酸を摂るのはいいことですが、適当に葉酸サプリを選ぶのは危険です。
葉酸サプリの中には添加物が多く配合されたものもあります。
添加物は副作用のリスクを高めたり、胎児に影響を与えてしまうので、極力避けないといけません。
おすすめは無添加の葉酸サプリです。
添加物を一切使っていないものとなると価格は高くなりますが、安全性が高いので妊娠中の女性に最適です。
基本的に安価な葉酸サプリには添加物が大量に配合されています。
コンビニやドラッグストアで売っているような激安のサプリは避けた方がいいでしょう。

【過剰摂取すると副作用を起こす】
葉酸サプリは用量用法さえ守って飲めば、副作用のリスクは極めて低いです。
怖いのが過剰摂取した場合です。
目安量を大幅に超える量を飲むと副作用のリスクが高まります。
自分の体だけではなく、お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼすので、飲み過ぎにはくれぐれも気をつけてください。
そもそもたくさん飲んだからといって効果がアップすることはありません。

【飲み忘れることが多い】
サプリメントを飲む習慣がなかった人だと飲み忘れることが多いです。
基本的に毎日飲むものなので、たまに飲む程度では十分な効果を得るのは難しいです。
また、買ったのはいいけど面倒になって途中でやめてしまったという人も少なくありません。
これではお金の無駄になってしまいます。
飲み忘れを防ぐためにも毎日同じ時間に飲むようにして、飲む習慣をつけてください。
毎日決まった時間に飲んでいれば、自然と習慣化し、飲み忘れることがなくなるでしょう。

【品質に優れたものは限られている】
高品質の葉酸サプリを買おうとすると限られてしまいます。
それでいて、種類が非常に多いので選ぶのが大変です。
じっくりと選んでいるうちに妊娠初期を過ぎてしまった・・・なんてことにならないようにしてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ

 

 

ページの先頭へ戻る