• >TOP
  • >葉酸サプリの飲み方
  • >飲酒後の摂取はNG

葉酸サプリの飲み方

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

●飲酒後の摂取はNG

■飲酒後のサプリはNG

サプリをお酒と一緒に飲まれている人もいるかもしれませんが、
これは今すぐにでもやめるようにしてください。

お酒には利尿作用があるため、せっかく摂った有効成分がすぐに排出されてしまい、
意味がなくなってしまいます。

さらに飲酒後に飲むと吸収率が下がってしまうので、正しい飲み方とはいえません。
妊活中に葉酸サプリを飲まれる場合は、お酒の後に飲まない、
お酒と一緒に飲まないというのを意識しましょう。

また妊活中はなるべくお酒を控えた方がいいといわれています。
妊活中はストレスが溜まるため、お酒に手を出してしまいがちですが、
妊娠しやすい体を作りたいなら飲まない方がいいです。

これは女性だけではなく、男性にもいえることです。
女性は妊娠力の低下、男性は男性機能の低下を引き起こす可能性があるので、
飲むとしてもほどほどにしてください。

そして、あまり知られていませんが、葉酸はお酒好きの人にとって欠かせない栄養素です。
お酒を飲むと葉酸が破壊されてしまうので、葉酸不足になりやすく、
生活習慣病を引き起こす可能性が高くなります。

生活習慣病は最悪死にいたる恐ろしい病気なので、
お酒を飲まれている人こそ葉酸を積極的に摂るようにしてください。


■妊娠中はお酒を控えるのが基本

みなさんもご存じの通り、妊娠中のお酒は控えないといけません。
お酒が大好きな人にとって禁酒は大変辛いことです。
そのため、ついつい「少量なら大丈夫だろ」と軽い気持ちで飲んでしまうこともあるでしょう。

では、妊娠中は少量でもお酒を飲んだら駄目なのでしょうか?

まず、どうしてお酒が駄目なのかというと
胎児性アルコール症候群という障害が赤ちゃんに発生する恐れがあるからです。

胎児性アルコール症候群が発生した場合、学習障害や行動障害、発達障害、知能障害、
てんかん、形態異常、脳性小児麻痺などを持って生まれてくることになります。

どれだけの期間、どのくらいの量を飲んだのかによって、症状の重さや発症リスクが
変わるといわれているので、胎児性アルコール症候群は防ごうと思えば防ぐことができます。

飲まなければ100%発生することはないので、結論をいうと少量でも飲まない方がいいです。

また、ノンアルコールのお酒にも注意しないといけません。
ノンアルコールには全くアルコールが入っていないと思っている人も多いですが、
商品によっては含まれている可能性があります。

そもそもノンアルコールとはアルコール濃度1%未満の飲み物のことです。
妊娠中にノンアルコールのお酒を飲む場合はアルコール0.00%のものを選びましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ

 

 

ページの先頭へ戻る